001banブランド

http://www.001ban.net/

使用例は幅広いIWC コピー腕時計


インヂュニアの存在を紐解くために、その歴史を振り返ります。まずはインヂュニアの始まりから見ていきます。先にも述べましたが、そもそもインターナショナルウォッチ カン コピー時計インヂュニアとはドイツ語で“エンジニア”という意味です。なぜドイツ語なのかというと、IWCがスイスのドイツ語圏にあるメーカーだからです。では、なぜインヂュニアという名前をつけたのでしょうか?そのきっかけは年代に電子技術や機械工学が発展し、高い磁力の中で仕事をする人が増えたことです。

例えば、発電所の職員やレントゲン撮影技術者などです。IWC001banはその状況にニーズを見出し、高い磁気にさらされるエンジニアに向けて開発したのがインヂュニアだと言われています。インヂュニア最初の登場は、1955年でした。最初期のモデルは今と違い、とてもシンプルなラウンドタイプでした。初期のモデルから8万A/mの耐磁性を備えました。機能の点からみると、クロノグラフは、ストップウォッチに他ならない。

例えばスポーツ競技などで時間を計る、あのストップウォッチである。かつてのストップウォッチは、機械式時計http://www.001ban.net/brand-17-40.htmlから派生し、計測専用の道具として別の進化の道を歩んだわけだが、この機能を時計に組み込み、時刻表示だけでなく時間計測も可能にしたのが、まさに「クロノグラフ」である。ちなみに、「クロノグラフ」というこの言葉の使用例は幅広い。ストップウォッチ機能を指す場合もあれば、こうした機能付きの時計を指す場合もある。また、商品名などにもよく用いられている。